2021年9月24日

CADはメリットだらけ!?CADを導入する利点3選


作業効率が大きく向上する

CADのような便利なソフトが存在しなかった時代は、手書きで図面を作成していました。当然ながら時間と手間がかかりますし、人間の手で図面を引くので凡ミスも発生しがちです。加えて、図面を修正する際は、消しゴムで消してから書き直す必要があり、作業効率の悪さは否めません。対してCADは、パソコンで図面を作成するデジタルデータです。修正作業も簡単ですし、既存のデータを複製することもできます。ソフトの使い方さえ覚えてしまえば、作業効率が大きく向上するといえるでしょう。

複数でデータを共有できる

紙の図面は持ち運びが大変ですし、遠方の相手と共有する際は郵送するなどの手間もかかります。対して、デジタルデータであるCADは、図面の共有が容易です。CADファイルの保存先を共有フォルダに指定しておけば、そのフォルダにアクセスできる人は自由に開くことができるのです。図面の作成も、複数で分担して作業することが可能となり、設計業務がスムーズに進むことでしょう。社外の人には、CADファイルをメールに添付して送付することもできます。

図面の管理が容易になる

紙の図面は枚数が多くなればなるほど管理が煩雑になりやすく、広い保管場所も確保する必要があるでしょう。対して、CADで作成した図面はデータ化されているのため、物理的なスペースを必要としません。どんなに数が多くなってもデータ容量を圧迫するだけで、オフィスを占領することはないのです。また、業務ごとにフォルダを分けて管理することで、必要な図面を効率よく見つけることができます。

水道CADは、水道関係の工事を専門に扱う工務店や自治体などで導入が進んでおり、業務効率化に役立つツールとして不可欠なものとなっています。