2021年3月8日

合宿免許なら短期取得も可能!車の免許の取得方法について解説


免許取得の方法と費用

免許取得の方法は、大まかに分けて最寄りの自動車学校に通いながら講習を受ける「通学」、合宿所に滞在しながら一定期間の集中講義を受ける「合宿」の2種類があります。通学は最低でも2ヶ月以上の長期間になるため費用が高く、AT免許なら25万円前後、MT免許なら30万円前後が相場となっています。一方、合宿免許は2週間程度という短期間で終わるので費用が安く、宿泊料込みで20万円前後、MT免許でも1万円前後の追加費用が上乗せされるのみです。

合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許のメリットは、通学免許よりも短期間かつ少ない費用で受けることが可能なことです。合宿免許では最短期間で卒業できる「スピードプラン」や、より安く申し込める「格安キャンペーン」などを実施している合宿所も多く、これらのサービスを活用すれば更に講習期間と必要経費を抑えることが出来ます。デメリットとしては、期間中に全ての講義を受ける必要があるので、まとまったスケジュールを用意する必要がある点です。さらに、急用や体調不良でのキャンセルには追加料金が発生してしまうので、万全の状態で申し込むようにしましょう。

県外でも合宿免許は取れる?

近場に合宿免許がない、県内に条件の良い合宿免許がないといった場合でも、全国対応の合宿所であれば県外からでも申し込むことが出来ます。交通費は合宿所が負担する場合が殆どですが、例えば「北海道から東京の合宿所へ行きたい」など、あまりにも遠方からの申し込みだと自己負担となります。自分の予算や住んでいるエリアなどを考慮して、最も条件にあった合宿所を選びましょう。

合宿免許は、費用や日数などを考えるとメリットが大きく、授業内容が濃いのも特徴です。短期間で取得できるため、学生に人気があります。