2020年10月22日

何を基準に選ぶのが効果的?LED照明の選び方


部屋の大きさに合ったものを選ぼう

LED照明を選ぶときに重要なポイントとなるのが、部屋の大きさです。部屋の大きさに合ったものを選ばないと、部屋が明るすぎる場合や暗すぎる場合があります。例えば部屋が6畳程度であった場合、3200lm程度の明るさがあるLED照明を選ぶのが良いと言えます。6畳程度の部屋で3200lmよりも明るいLED照明を使ってしまうと、明るすぎて過ごしにくくなるケースがあるので注意が必要です。

機能性を重視して選ぶのも良い方法

LED照明には様々なタイプがあります。例えば調光タイプと呼ばれるLED照明は光の明るさを段階的に調整できる機能を搭載しています。調光タイプのLED照明は寝室のような時間帯によって明るさを調整したい部屋で使用するのに適しているでしょう。調色タイプのLED照明は光の色を変えることができる機能を搭載しているため、生活シーンに合わせて光色を変えたい人におすすめだと言えます。寒色から暖色まで様々な色に変えられるので、使用することの多いリビングに調色タイプのLED照明を使うのが良いでしょう。寝室で使用する場合はお休みタイマーの搭載されたLED照明を選ぶのも効果的です。

デザインを重視して選ぶのも効果的

LED照明にも様々なデザインがあります。デザインにこだわりのない人はスタンダードタイプのLED照明を選んでおけば、どんな部屋でも馴染むでしょう。部屋をスッキリ見せたい人やスタイリッシュなデザインが好みの人は、薄型タイプのLED照明を使うのが良いと言えます。和室の雰囲気に合ったLED照明を探している場合は、スクエアタイプのものを選んでおくのが良いでしょう。部屋に合ったデザインのLED照明を選ぶことで、部屋の印象が良いものに変わります。

LEDライトパネルは、室内のインテリアや店頭メニューなどに使用されます。デザイン面を背後から照らすため普通の看板より目立ち集客力があります。