2020年10月22日

日本でもよくあるフランチャイズは契約スタイルのひとつ!


企業の看板を使用できるフランチャイズ契約

フランチャイズとは、ある企業がその名前やすでに確立されているシステムを提供して、その提供の代わりに利用料金を回収するという仕組みです。日本ではコンビニがフランチャイズ契約を結んでいることが有名で、オーナーは企業の社員ではないことが多いです。一般的な形ではオーナー側が店舗を出す際の出資の一部を負担し、企業側は自社製品の販売を許可したり、流通のルートに組み込んだりします。具体的な内容は契約によって決まりますが、販売する商品を指定されたり、マニュアルによって制限が設けられることもあります。

フランチャイズのメリット

フランチャイズ契約を結ぶことは、企業側とオーナー側のどちらにもメリットになり得ます。フランチャイズを考えるような企業であれば、なるべく広いエリアに展開したいという希望を持つ場合が多いです。ただ独自で直営店舗を出すには、コストとリスクがネックになります。そこでフランチャイズを導入すると、コストをオーナー側に負担してもらうことで、店舗を出しやすくなります。また流通などすでに稼働している拠点の範囲内の場合は、ルートを拡張するだけで新店舗にも対応できるようになるため、最終的な負担が大幅に減らせます。

そしてオーナー側は、もし個人でお店を経営しようとした場合、商品の仕入れ先の確保から宣伝に至るまでやらなければならないことがたくさんあります。その点フランチャイズだと確立しているシステムに組み込んでもらえる上に色々なノウハウを企業側から得ることができるので、経営を軌道に乗せやすいです。

フランチャイズ募集は、ファミレスやスーパー、コンビニの他、学習塾やクリーニング業などを手掛ける企業でも活発に行われています。